MENU

工期が長い

工具類

大掛かりになる

大規模修繕というと、集合住宅やオフィスビルといった建物で一斉に行われることがあります。そのため、戸建てのリフォーム工事よりも修繕する規模が大きくなるため、どうしても工期は長くなってしまうものです。その点はあらかじめ確認しておきましょう。また、大規模修繕は一度行えばそれでいいというわけでもありません。どんな建物でも年月が経てばまた傷みが出てしまうことがあります。そこで、数年ごと、数十年ごとに大規模修繕を行なうことがあるのです。もちろん、間隔はその都度、違ってくることもあります。当然、建物の劣化が見つかり次第、すぐにでも大規模修繕を行った方が安心です。集合住宅に住んでいる人は特に工事の日程や頻度などをよく確認しておきましょう。また、大規模修繕工事は専門業者によって行われます。その集合住宅に住んでいる人は工事業者の指示や管理会社の指示によって必要に応じた対応をすることがポイントです。例えば、騒音の被害も出ることでしょう。あまりにもうるさくて耐えられないようなら、一時的に別の住まいを借りるという手段もあります。特に内装工事を行なう場合、工期が長いとそこに住み続けるわけにはいきません。このような時には工事業者と管理会社の協力のもと、一時的に住む家を探してくれることがあります。このように、必要に応じて適切な対応ができるようにしましょう。また、大規模修繕工事の費用は管理費からまかなうことが一般的です。